ごあいさつ

理事長

 

 

 

 

 

北海道環境整備事業協同組合
  代表理事 福 田  安 治 


  当組合は、一般廃棄物・産業廃棄物の処理、し尿浄化槽の清掃・保守点検、下水道の清掃などを業とするものが結集して組合事業を展開することを目的に、中小企業協同組合法に基づき、北央環境整備事業協同組合として昭和58年に設立されました。その4年後の昭和62年には、現在の名称であります北海道環境整備事業協同組合へと改称し、以来今日まで、組合員の相互扶助の精神に基づき組合員のための事業を展開し、平成26年9,月12日には、創立30周年記念式典を、札幌全日空ホテルにて、北海道知事を初め多くのご来賓の方々をお迎えして開催したところです。
  近年における組合事業は多岐にわたり、中でも、特に力を入れておりますのは、組合員の必要とする資材の共同購買事業、技術力向上のための技術研修事業、補助金申請代行事業、行政関係者を初め関係機関との情報交換事業などとなっております。
  わが国における環境政策は、昭和20年代に発生した水俣病等の公害対策として始まりましたが、近年では、自然再生推進法や生物多様性基本法などに見られるように、人々の力での自然の再生、野生生物の保全へと変化してきております。
  ごみ処理についても、かつては、いかに適正に処理するかでありましたが、地球温暖化対策や埋立地の問題、有限な資源の有効利用などの観点から、いかにごみを減らし再利用しリサイクルするか、いわゆる3Rの推進により社会経済を循環型に転換し、究極的にはごみゼロ社会を目指すことが課題となっております。
  我々業界の存立する地方は、超高齢社会、出生率の低下、労働市場の狭陰化、人口流失等々の現象が著しく、人口逓減時代に突入した地方経済は、我々業界には極めて厳しいものがあります。
  こうしたことから、当組合は、経営力強化・経営安定に資する共同購買事業や技術力向上のための研修事業などに尚一層の力を注ぐとともに、組合員各々が有している能力を相互に活用できる事業の推進に努めたいと考えておりますし、また、地域に存立する業界として、組合員ともども、市町村とともに、地域を守り育てる活動にも取り組んで参りたいと考えております。

 平成27年6月

Copyright(C) Hokkankyo All Rights Reserved.